名前を変えてるだけの闇金

名前を変えてるだけの闇金

闇金の手口の中に自動車金融というものがあります。簡単に言えば車を担保に、お金を融資するシステムですがこれも闇金です。この自動車金融の手口としては、自分名義の車を一旦、金融会社に売る形になります。例えば自分の所有する車を自動車金融に、50万円で売買したとすると50万円の融資を受けます。

 

しかし売ったままでは自分の車がなくなるので、当然困りますし、意味がありません。そこで今度は車の所有者になった自動車金融が、お金を借りた人に対して車をリースする形を取ります。融資を受けた人は、借りたお金に対しては法外な利息で返済を迫られます。車の所有権は自動車金融、要するに闇金側が握っているので、問題がややこしくなります。

 

車の名義は闇金業者に変更されており、借りた人の物では無いのです。なので自分が乗っていても返済が滞ると、いつ車を闇金業者に取られるか分かりません。合鍵等を作られて、朝起きたら車がなかったなどは平気である様です。

 

この様に姿形を変えて、違法な営業をする貸金業者はかなりの数がありますが、悲しくも知らないうちに借りたりどうしてもお金が必要で借りたりと、被害者は減りません。

 

お金を借りる前に、借りた後の事を一度考えると少し冷静になれます。また、借りた後でも無料相談で借金の解決方法は探れますので、闇金融で借りてしまっているならヤミ金解決に向けた無料相談を進めてください。